ドラム室のご相談・防音・防音工事・設計施工まで・・・防音専門の防音ドラム.com

防音工事業者の選び方

失敗しない防音工事業者の選び方

一般住宅において、100%音が漏れない防音は不可能

換気などの空気循環が無い建物は在り得ませんので、音は漏れます。

ちなみに、防音の最先端のNHKのスタジオでも80dB前後の遮音性能で、100%ではありませんが人間の耳では聴こえない程の範囲に抑えられています。

NHKスタジオに限らず、専門的な防音室の防音構造は重量・壁厚も全く違いますので、一般住宅で同等の遮音性能を得る事は非常に難しくなります。

業者選びのポイント

「木造一般住宅では30〜45dB程度の防音工事が限界でしょう」
と、最初からお伝えする業者さんも在るようですが、これでは建築基準より少し性能が高いだけでは?
ご希望の防音室の目的を丁寧にヒアリングして理解した上で防音設計を提案してくれる施工業者さんを選びましょう。

・施工物件が多い
・遮音性能の過大数値
・楽器メーカーや有名な建設業者や工務店

これらだけでは、良い防音が出来るかの判断は出来ません。

施工業者選びの最終的な判断

防音工事を依頼する側も業者さんに全てをお任せにするのではなく、ご自身の希望や提案プランに対する疑問等も含めて、詳細に打合せをする事が成功につながります。

求める防音室の目的をしっかりと把握した上で、今だけの事だけでは無く、将来的なビジョンにもマッチした提案をしてくれる業者さんを選びましょう

MENU